SSブログ
前の10件 | -

きもの展行きたかった [着物のこと]

こんばんわー。

東京博物館の特別展の「きもの KIMONO」が、
先月末までの催しに延長したけど、

結局行くことはできませんでした。

本当は、4月中頃から6月初めくらいまでの予定で、
GWくらいに、お友達と行く予定でした。

行く予定だったというか、
行こうと思って声をかけていたけど、

具体的な話にはならないままでした。

開幕が結局2か月くらい延期になった、という
情報を得たから、

ちょっと期待したけど、どうせコロナだから、
期待してはいけないと思ったりして、

せめて、図録でも観ようかと。

DSC_0612.jpg

スゴイ厚み(笑)

DSC_0613.jpg

図録は結局パラパラ見ても、
展示を見に行くように時間をかけて、

隅々まで見たり、説明を読んだりが、
なかなかできないのは分かっていて、

所詮、図録なんてそんなもんだろ!って、
ちょっとヤケクソになったりしています。

youtubuで、動画があがっているから、
それを見たりして、我慢しています。

オリンピックに合わせて企画されたのだから、
itomakiのような地方の着物好き日本人だけでなく、

外国人の来館も期待していたのだろうから、
我慢しているのはitomakiだけではないと思うけど、

見に行きたかったなー。
そして、お友達とおしゃべりしたかった・・・。

もし、着物展に行けていたなら、
タイトルも「きもの展に行ってきました」だし、

こんな着物で行ってきた、とか、
お友達とこんなご飯食べた、とか、

あー、楽しかった、あー、美味しかったと

書いていたのだろうな・・。

コロナ、早く終わってほしいです。

またね。
nice!(4)  コメント(2) 

鰻を食べに誘われる [平和ネタ]

こんばんわー。

今日は、今年の中で一番、
残暑が厳しかったように思います。

せめてもの救いは、
今日はランチの約束をしているから、

その間は涼しくいられる、ということ(笑)。

コロナの影響で、外食はひかえているから、
美味しいモノが食べたいと思っていたので、

人(母)の財布と思って、思い切って
老舗の料理屋さんを予約したけど、

あんまり驚かれなかったことに驚きながら
張り切って着物で行きました。

父の命日も近いし、
晩年はそのお店が好きだったからかなーと、

都合よく解釈しました。

コロナのせいか、部屋は広ーーくて、
(それだけではないと思う・笑)

DSC_0555.jpg

鰻定食よりも高価な

DSC_0556.jpg

鰻御膳にしてしまったので、
(させていただいたので)

DSC_0558.jpg

ツマがたくさん付いた刺身とか、
豆腐が付いたりして、

DSC_0559.jpg

うな重は、一口食べることに
美味しい、美味しいと自然に言葉が出て、

DSC_0560.jpg

満足したランチでした。

DSC_0561.jpg


明石縮と羅の帯。
おはしおりがちょっと短かったナ。失敗[ふらふら]

もう、来れないかもしれないから、

DSC_0563.jpg

庭の入り口の写真を撮っていたら、
母に着物姿を褒められたので、

珍しいい褒め方をするなーと思いました。

DSC_0564.jpg

駐車場側の入り口の木戸も
ステキなので、撮っておきました。


家に着いたら、とても暑くていられないので、

エアコンのない生活をしているitomakiは、
さすがに今日は家にいれなくて、

デパートに避難してしまいました。

催事でコレと

DSC_0583.jpg

コレを

DSC_0586.jpg

買ってしまいました。
「コロナになってから、留袖が全く売れない」と

催事のリサイクル屋の社長が言っていました。
そうでしょうねー。分かります。分かります。

ということで、何にリメイクるのか楽しみにしてください。

またね。
nice!(5)  コメント(2) 

振袖選びが楽しかった [着物のこと]

こんばんわー。

はぁーー。暑いですねー。

この週末は、
お友達の娘ちゃんの成人式のための

振袖を選ぶのを手伝うことになっていて、
itomakiの父の昔からのお友達の問屋さんに頼んで、

振袖を30枚以上送ってもらって、
客間にならべました。

玄関も整理して、十二単のお人形は木戸番です。

DSC_0486.jpg

お友達の娘ちゃんは、
ずーっと前から振袖選びを楽しみにしていて、

すでに、イメージを持っていたので、
希望に近いモノを送ってもらってました。

来年の1月が、本当なら成人式だけど、
コロナだから、どうなるのか?って、

心配だけれども、
振袖を着るのは成人式だけではなくて、

お祝いの席にも着ていくつもりだから、と。

20歳くらいで、
そんなことを知っていることもすごいし、

振袖を自分で選ぼうしているのも、
すごいなーと、つくづく思ったりしてました。

DSC_0489.jpg

35枚くらいあったと思うけど、
端から全部見て、

前柄の印象で、15枚くらいにしぼって、
それから、7~8枚くらいまでしぼりました。

こんなにガンガン選んじゃうなんて、
すごいなーと思いました。

お友達もitomakiも一緒に見ていたけど、

ちょっとそれは・・・?みたいなものは
切り捨てていくので、感心して付き添ってました。

itomakiの家で、品見せをするときは、
なんとなーく、選びそうな着物が分かるのだけど、

今回は、まったく読めないでいました。

DSC_0495.jpg

↑ 最終選考の3枚。

自分の帯に小物をコーディネートして、
あーでもない、こーでもないと、

3人で、ワイワイ、キャーキャー盛り上がり、
顔映りを見るために、

簡単に着せて、袖を広げて写真を撮ったときに、
どれも素敵だったし、

本当にどれを選ぶかわからないと思っていました。

お友達は、最後の3枚の中に、
選んでほしい着物が残っていたので、

それを選んでくれるといいなーと思っていたそうです。

itomakiは、今回は全く感が働かず、でした。
が、着て撮った写真を後からみたときに、

選んだ着物に袖を通している時が、
一番ニコニコしていることに気が付いて、

気に入ってくれたものを買うことができて、
本当によかったなーと思いまいた。

そして、
振袖は若い娘が着るのが美しいと思いました。

楽しい時間は、あっという間に過ぎ、
簡単に片付けをして、今度はお茶を飲みながら、

わいわい、きゃーきゃー話していたら、
娘ちゃんが、何かの拍子に、

itomakiの父が一緒に見てくれた、というのです。
お友達は、そうかもねー、と笑ってましたが、

本当にそうだったら、どうしよう・・・。
あんなに、さっさと選べたのは?

本当に、来ていたのだろうか・・?
ありがとう、お父さん[わーい(嬉しい顔)]で、いいのかな?

それから、急なお願いなのに
暑い中、人形町界隈を歩き回り、

荷物を送ってくれたり、
京都からも品物を取り寄せてくれた

父の古い友人の問屋さんにも感謝します。


またね。
nice!(5)  コメント(8) 

自由になるために学ぶ [着物のこと]

こんばんわー。

お盆が終わっても暑いですね。
(↑ ちょっと言いたいだけ)

昼間は暑いけど、
夜はだいぶ過ごしやすくなってきました。

というかもう、30度くらいでは
暑いと感じなくなっている気もしますが。


さて、あまりにも身近過ぎて、
考えてもいなかった質問をされました。

「浴衣って、何ですか?」

何ですか?ってか?

はい、
浴衣とは、お祭りに着ていくものです。

ちょっとNipponを感じたい観光地で
みんなでゾロゾロ歩くときに着るものです。

うそです。

そんな訳ありません。

でも、半幅帯でなくてはいけないのか?
昼間に着てはいけないのか?

友達の家に着ていってはいけないのか?
その時、足袋を履かなくてはいけないのか?

itomakiは思いました。
この人は、なんとなく昔の浴衣の印象が強いのに、

最近急激に昼間に進出し始めたの浴衣に
戸惑っているのではないか?と。

そうです。教科書では、浴衣はそもそも
お風呂の時に着るものから広がったとなってます。

そして、少なくても昭和までは
リラックスした夜に着るものだったような

気がしています。

最近は、浴衣に襦袢の衿を付けたり、
足袋を履いたりして、昼間に歩く人を

見かけるようになって、
お店で、衿を付ける用浴衣を売っていたりするし。

なんじゃそりゃ?

でも、この着方に関しては、
やってみたいのにできない、

受け入れたいのに、
受け入れられない、モヤモヤだったけど、

普通の夏物の着物を持っている人は、
そんな着方はしない、という友の言葉に

胸のつっかえが取れたと思っています。

それはつまり、ホントはみんな
着物が着たいのに、

いろんな理由で着れないから、
現代風にアレンジしちゃってる、

洗えちゃって世間受けが良かったりする
透けなくても夏着れる

ってことで、チヤホヤしてたんじゃないの?
なんて、厳しいことを考えてます。

でも、別に、そうしてはいけないなんて、
法律で決まっているわけではないし、

どんな格好しててても、イイに決まってます。

そもそも、夜に着るという決まりもないです。
そうしていた時代が長かっただけで。

だから、自分のなかで決着をつけるのは、
歴史を学んで、節度のある線引きを

自分ですることと思ったりします。

とにかく、昼間に外に着ていくには、
きちんと着ることがマナーかな?

寝巻きで、リラックスしているような格好では
近所のスーパーにも外出しないように、

浴衣も、きちんと着せてもらっているから、
だらしなく着ることもなくなって、

昼間の外出もしやすくなったのでしょ?きっと。

たまに、寝巻きみたいな格好の人もいるけど、
それはやっぱり、おかしいから(笑)。

合わせる帯も、法律で決まってはいなくて、
風合いとか、雰囲気が合えばいいのだから、

合うかどうかわからない人は、
勉強してください。自分で決めて下さい。

って思うのです。

大人が教えなければならないことって、
たくさんあると思う。

でも、着物警察に負けない強い意志で
常識を突き破り、進化させてほしいと思ってもいます。

自分以外の変テコな着方を
とがめてはいけない(笑)

浴衣に靴下はitomaki的には[決定]ですから。
下駄だって、履けちゃうよ。ギューって。

裸足よりいいに決まってる、
足袋より汚れても平気だし。

DSC_0429.jpg

(↑すべての質問はココから始まったのです)

でも、着物には靴下は履かないです。
それがitomakiの線引き。

自由になるために学ぶのだ!

DSC_0450.jpg

今読んでいる本 ↑

DSC_0449.jpg

こんなのも好きです。

またね。
nice!(6)  コメント(3) 

大学生のお教室が最終回 [着付け]

こんにちわー。

暑い日が続いています。

今日から夏休みになり、9連休。
毎年なら喜ぶけど、今年は予定もなく、

ただ家にいるだけの、夏休みです。

2週間通い詰めてくれた大学生も、
今日で終わってしまい、

総復習として、自分の着物を持って来てもらい、
ママと一緒に見物するという、授業。


1回目 初心者講座(with ママ)
2回目 襦袢と着物

3回目 襦袢と着物と名古屋帯
4回目 襦袢と着物と名古屋帯の柄出し

5回目 襦袢と着物と袋帯
6回目 襦袢と着物と袋帯の柄出し

7回目 浴衣と半幅帯
8回目 浴衣を人に着せる

9回目 総復習(with ママ)

DSC_0427.jpg

↑自撮りしている所

ちょっとねー、帯枕の位置が
アヤシイなーと思うのですが、

本人もママも満足してくれたので、
忘れないで、着てほしいと思ってますです。

暑いのに、袷で練習だったので、
たいへんでしたし。

でも、若いから大丈夫[決定]

着物が嫌いになってしまったらどうしよう・・・って
毎回心配にでした。

でも、こちらも大丈夫[決定]
多分(笑)

コロナは早く終わってほしいけど、
秋ごろまた来てくれないかなーって、

思ったりしています。

DSC_0429.jpg

itoakiは、浴衣と麻の半幅帯。
(と靴下)

またね
nice!(10)  コメント(4) 

雨の4連休のお教室 [平和ネタ]

こんばんわー。

今日は4連休の3日目で、雨でした。
ジメジメです。

連休の前日に夜更かしをし過ぎて、
初日から朝寝しすぎてしまってから、

寝つきが悪かったり、昼寝をしたりで、
調子が出ない休みになりそうです。

コロナの第二波が来たと言われていて、
連休も自粛ムードも漂います。

それでも、
今日も大学生が着付け教室に来てくれたから、

暑い、暑い、と言いながら支度をしたけど、
心の中では、

「コレだよ、コレ。梅雨はコレを言わないと」などと、
少々、嬉しい気持ちを否めませんww。てへっ。

大学生は、夏物を持っていなくて、
お教室のレンタル着物(冬物着物&ポリ襦袢)で練習していて、

もちろん、クーラーはガンガンです。

でも、若い人は汗なんてかかないから、
案外、ケロっと練習していて、

若い時は、そうだったかも・・って
思い出したりしてます。

覚えるのも流石に早いです。
教えたとおりにやってくれるし、

とにかく忘れないので、どんどん進みます。

覚えるのが早い生徒は、
教えることがなくなるから、困るのだけど、

いつもより増して困るのが早いかもしれない・・[ふらふら]
でも、まだ、袋帯を教えてないから、

あと2回は大丈夫と思っているけど、
今月中に手順は覚えてしまうかも・・。

汗・・[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
(↑暑いからだけではない汗)

製作中のHPも進んでいないし、
考えなければならないことが貯まってきて、

だらだらしてしまってます。

気合を入れないと[exclamation×2]
時間だけが過ぎてしまうぅぅ。


書道のお稽古では、
先生が消しゴムで印を作ってくれたので、

DSC_0407.jpg

今度100円ショップとかの扇子に字を書いて、
印を押してみようと思ったり、

草木染のエコバックキッドを見つけたので、
作ってみようと思ってます。

が、思っているだけです(笑)


DSC_0415.jpg

麻の染の着物と麻の帯

DSC_0416.jpg

帯は金魚

またね。
nice!(9)  コメント(6) 

着付教室を再開する [着付け]

こんばんわー。

着物を着たいがために、
先週、家族にコースをおごってしまったのを、

天の神様が不憫に思ってくれたのか、
着付教室に生徒が来てくれました。

しかも、大学生。

コロナ帰省中で、あまりにも出かけないので、
着付を習おうと思ってくれたようです。

今度、大学に行くのはいつかわからないので、
とりあえず、1か月で詰め込み授業を企画し、

週に2回の英才教育となる予定です。
今日は、ママも一緒に初心者講座をしました。

身頃幅がだいたい反物の幅で、衽はその半分、
衿は、その半分くらいになります、と説明したら、、

身頃幅:衽:衿=1:0.5:0.25

と書き込んでいました。さすが理学部。
すばらしい!


久しぶりに着付け教室に生徒がみえて、
母も(何故か?)嬉しかったみたいで、

授業が終わるころにお茶を入れてくれたりして、
今までいつも、母はシラっとしていたのに、

お盆さんで、父が乗り移ったのかな?って、
ちょっと怖くなったりしました。

急に決まったので、
教科書も在庫がなくなっていて、

本校に電話をして多めに教科書を
送ってもらうことにしたら、石田先生にも、

「itoちゃん、ずごーい!がんばってるね!」って、
ちょっと誤解してもらえたりして、

いえいえ、多めに発注しただけです、って、
言い訳をしたいような、でもうれしいような、

そんな気持ちでした。

これから、一か月は平日夜と土曜日と、
短期集中授業[あせあせ(飛び散る汗)]

がんばりまーす[手(グー)]

DSC_0411.jpg

アラレの模様の麻の着物と麻の染帯

DSC_0412.jpg

着付けのデモンストレーションも
久しぶりで、ちょっと緊張してしまいまいた。

関係ないけど、
GWの自粛の頃植えた枝豆が実り、

DSC_0390.jpg

収穫しました。

DSC_0392.jpg

今年は鈴なりでした。
「豊作なのは、itomakiが植えたから」

とおだててもらって、機嫌よく作業し、

DSC_0396.jpg

収穫完了

またね。


nice!(8)  コメント(4) 

着物を着て出かけたい [平和ネタ]

こんばんわー。

この何か月間、ブログの始まりは必ずコロナのことで、
増えたの、減ったの、自粛などと、

どんな内容でも気が滅入るモノばかりで、

着物を着て出かけたい気持ちが
もう、ふつふつとしてしまって、限界です、はい。

本当なら、夏物だから、
それでも暑い、というネタがない年なのだけど、

今年は、涼しいから調度よいと書きたいのに、
着ていないから、そんなことも書けません。

という訳で、お出かけしちゃいました。

老舗のレストラン、西洋堂でフルコースです。

itomakiが御馳走するので、
一緒に食べに行きましょうと誘ってみた。

次の月曜日はitomakiの誕生日で、
お誕生会は自分で開くのがitomaki家のなわらし(笑)

DSC_0400.jpg

前菜

DSC_0401.jpg

なんだっけ?

DSC_0402.jpg



DSC_0403.jpg

口直し

DSC_0404.jpg

肉・・おいしかったー。

DSC_0405.jpg

デザート

母と、姉家族を誘って、6人の当日予約をしたら、
レストランでは、ビックリしたみたいで、

「お料理をきめていただけますか?
足りない分は、今から揃えますので・・」

なんて電話口で言ってくるので、
そこまで正直でなくてもいいのにって思いました。

確かに、この日はitomaki達しかお客はいなかったし、
素材もたくさん買っておかないのだろと

思ったりして、何とも複雑な気持ちでした。

DSC_0398.jpg

この日は、アンティークのお召と絽の帯。

帯を締めたら、気持ちヨカッタです。

もっと着たいなー。


またね。
nice!(1)  コメント(4) 

十二単計画の第二歩 [山本和裁研究学院]

こんばんわー。

世間はまたまた、コロナの第二波で、
なんか、怖いです。

自分がうつるのはいいのだけど(若いから・笑)
他の人にうつしてしまったら、

引っ越したり、自殺したりしなければ
ならなくなってしまうくらいの勢いで、怖いです。

ホントにねぇ・・・
(↑ おばちゃん風)

そういえば、itomakiは今週、
10年以上前にブームだった韓国ドラマの

冬のソナタに再度ハマってしまって、
ずーっと、ずーっと見てしまって、あっという間に
1週間が過ぎてしまいました。キュン・・。


えーと、昨年から宣言している壮絶な計画が、
少し進んで、第二波・・もとい・・・第二歩に

なりましたです。はい。

母の仕事がらみで、ある施設に頼まれて、
十二単を作ることになったのです。

人寄せのイベントで体験試着に使うらしいです。

あれ?これ、言っていいのかな?
いいでしょ?そんなに影響力のあるブログじゃないし。

それでですね、十二単と言えばやっぱり、
アレですよね?アレ。

襲ねの色目

どんな襲ねにしようか、とっても迷って、
ネットとか見たりして、探しました。

本も買ってみたけど、
色は載っているけど、いわれとか説明とかは

あまりなくて、迷いました。
まず、季節で迷いました。

やっぱり、四季で色のイメージが変わるから、ね。

頼まれた施設は、やっぱり秋のイメージだから、
こんな感じの襲の色なのだけど、

Screenshot_20180904-221341.png


既製品の反物では、
なかなか、こんなグラデーションはなくて、

染めてもらうことにしたので、
色選びはたいへんでした。

襲の色目とは関係なく、
紺を指し色にしようと思ったり、

DSC_0197.jpg

紫とかどうなの?って思ったり

DSC_0202.jpg

それでも、やっぱり、
はじめに、メインの布を決めて

DSC_0082.jpg

それに合わせて
染めてもらう色のイメージを見本にして

DSC_0359.jpg

布を染め屋さんに送りました。

1回目で染まってきた布は、人形で合わせてみたら、

DSC_0333.jpg

ちょっとイメージの違う物もあったので、
染直しの色見本と照らし合わせたりして、

DSC_0339.jpg

今日、染め上って来た感じでは、こんな風。

DSC_0379.jpg

ね?よーく見ると違うでしょ~?

さて、どんな風に仕立て上がるか、
あとは、母と母の生徒にお任せです。

秋がメインの色目だけど、
春も使えそうな、そんな感じがイメージなのです。

IMG_20181104_191826.jpg

たのしみ、たのしみ。

またね。

nice!(5)  コメント(4) 

マスクにどこまで求めるか? [平和ネタ]

こんにちわー。

はぁぁぁ(←ため息)

また、コロナの話からですが、

この週末は、移動自粛が解除になって、
2回目の土日だから、観光地にも少しだけど、

賑わいがでたみたいです。
その一方で、茨城県には感染者がでてしまいました。

まぁ、都会の方だから、
コッチと交わらないでほしいと思ったりして、

自粛が解除になったからといって、
感染しない保証が出たわけではないから、

気を付けながら・・・ってことだけど、
うつる時はうつるだろって思ったりします。

難しことはよくわからないので、
自分勝手な事ばかり考えてしまうけど、

どうしてよいのか、わかりません。はい。


お休みになっていたお稽古事も再開したりして、
なぎなたと、書道教室に通えています。

車での行き帰りに、
寄ってみたかったお店を思い出して、

行ってみました。
itomakiの行動範囲の中に、

和雑貨とかの手作りのお店ができて、
着物の古着とかも売っている、という噂だったんです。

お店に入る早々、すごい勢いでマスクをすすめられました。

itomakiの近親者で、マスク作りが得意な人がいるので、
マスクは必要ない、と言っても進められて、

立ちふさがるので、中に入ってもいいですか?と
聞いてしまったりして、

あまり良い出会いとはいえない予感がしました。

お店は、模様替えの最中で、
商品はちょっと見づらかったけど、

たしかに、そのようなモノが売っていました。

コレは良いかな?と思った黒い縞(多分お召)の
紗の着物を開いてみたら、

片袖がなかったので、「あれ?」と言ったら、
店主が、「片袖はマスクにしたの」と言ったので、

え?この、誰が着ていたかわからない、
この着物の袖で、マスク?は?

なんだかちょっとだけだけど、
イラっとしちゃったりして、なんちゃって[パンチ]


ここのお店ではないけれど、
帯のお太鼓柄のところで、

紅茶が冷めないポットカバーみたいのを
作っていて、売っていて、

え?この、誰が締めていたかわからない、
中古のこの帯で、飲み物を保温しておくモノを作る?

作ろうと思う人も不思議だし、
売ろうとするのも不思議だし、

買う人はもっと不思議と思ったりして、

マスクもそれに匹敵する不思議さです。

それでもやっぱり、木綿のマスクは暑いから、
絽のマスク作ってほしいって、

親近者のマスク名人(母)に言いたくなったけど、
自分の絽ならいいとおもっても、

マスクを1枚でも作ってしまったら、
着物として成り立たなくなるから、

それは、無理も無理。絶対無理だから
このまま乗り切るしかないかなって思ってます。

コロナ後に薄くなった既成品のマスクも、
手作りマスクも、

どのくらいの効果を求めていいものか。

ヨネックスとかユニクロとかの、
通気性が良いモノは大丈夫なのだろうか?

だからといって、
口と鼻を覆うのに、変な中古布も勘弁してほしい。

ファッション性が重視されすぎても、
キャラに合わないマスクをしていても、

マスクはしていることに意味がある(笑)

だから、

自分の免疫力を高めるように
仕事はほどほどにすることが大事[ふらふら]

そうそう、ソコのお店の店主には、
着付教室もゴリゴリすすめられたので、

面白いから1回くらい行ってみようかと。

またね。
nice!(7)  コメント(6) 
前の10件 | -